151222d.jpg

title_kousiki.jpg
160315b2.jpg
160325_yuzuna.jpg


2014年08月03日

遠足 (超解説版)

お疲れ様です、おパンツです。

今回のご紹介は、楽しい遠足の1ページ。バスの中でのイベントになります。こちらも原画でシチュエーションを公開済みですが、改めてCGを使ってご紹介します。御不浄くんの解説付きです。

【お】「では、今回もよろしくお願いします」
【御】「遠足は、心躍りますね」
【お】「遠足イベントについて教えて下さい」
【御】「タイトル的には「遠足」と「ハイキング」の二つに分かれています。どちらもおしっこ成分たっぷりの内容となっています」
【お】「ハイキングも原画公開中でしたね」
【御】「どちらも原画二枚構成ですので、見応えのある内容となっています」


140803a.jpg

問題は、その席。

【お】「バスに乗っての遠足ですね」
【御】「夏に遠足に行かないんじゃね? という疑問はひとまず忘れて下さい」
【お】「忘れました」


ボクが補助席に座ってるのはいいとして、その両側をいじめっ子たちに占領されてしまっていた。

140803b.jpg


140803c.jpg


140803d.jpg

【お】「イベントスタートと同時に女子便くん、逃げ場なしね」
【御】「女子に囲まれてハーレム状態なのに嬉しくない女子便くんです」
【お】「生きた心地がしないってヤツですね」


140803e.jpg

さおりがボクの耳を引っ張って囁いた。

【お】「いきなり、おしっこしたい宣言です!」
【御】「速攻ですね」


まだバスが走り出して10分も経ってない。予想よりも早い展開だ。

【お】「女子便くん、読みが甘かった様です」
【御】「読みが当たってもどうしようも無いですけどね」


140803f.jpg

さおりの隣で真美も小さく手をあげてる。

【お】「一度に二人なんですね」
【御】「イベント前半が真美、後半がさおりになります」
【お】「さおりのCGは、店舗様向けに公開済みでしたね」
【御】「ちなみにおしっこ部分が、製品版ではリテイクされてます」


【主人公】「えっ、えーと、……先生に頼んでバスを停めて貰えばいい?」

【お】「女子便くん、かなり動揺してますね」
【御】「普通の反応でしょう」


腰を浮かせたところをさおりに引っ張られて再び座らされた。
【さおり】「そんなのダメに決まってるじゃない、……恥ずかしいし、……それに、限界って言ったよね? ……もう間に合わない感じだよ」
それにしては、さおりも真美も切羽詰まった表情には見えない。二人とも意地悪な笑みを浮かべていた。

【主人公】「……だったら、どうすればいい?」

【お】「女子便くん、早くもレイプ目ですね」
【御】「画像は無いですけど」


【真美】「女子便くん、ここにいいのがあるよ、……あたしたち、これにおしっこしちゃうね」
真美が取り出したのは、座席の前ポケットに常備されていたゲロ袋だった。

【お】「エチケット袋とか言いますね」
【御】「使い方を誤ると大惨事になります」


【真美】「女子便くんは、おしっこがこぼれないようにこの袋を支えてくれる?」

【主人公】「支えるって、……本当にゲロ袋におしっこしちゃうの?」

【お】「放尿シーンは、何度かアリましたが、直接おしっこをキャッチするのは、イベントではこれが初めてですよね」
【御】「おしっこをカケられるのは、何度かアリましたけどキャッチするのは順番的に最初ですね」


【真美】「だって緊急事態だもん、仕方ないじゃない、……他になにかいい方法でもあるの?」

【主人公】「……そんなこといきなり言われても」

【お】「普通は困りますよね」
【御】「実際に言われたら、……ご褒美です」
【お】「……相手によりますよ」


【さおり】「なになに女子便くんのくせに、あたしらのおしっこのお手伝いが嫌だって言うの?」

【主人公】「い、嫌なんて言って無いよ、……ちゃんと手伝うよ」

【お】「女子便くん、あっさり陥落ですね」
【御】「拒否したら、間違いなくもっと酷いことになりますから」


そう答えないと何をされるかわからない。

【お】「女子便くんも同意権の様です」

【真美】「だよね、……女子便くんは女子のおしっこ大好きだものね、喜んで手伝ってくれるよね?」
【さおり】「喜んで手伝ってくれるんでしょ? それとも違っちゃうわけ?」

【主人公】「……違わないよ、……喜んで手伝うよ」

いじめっ子たちは、それ以外の返事を許さない。

【お】「おしっこ前でもいじめっ子たちは、言葉責めを浴びせて来ますね」
【御】「いじめっ子たちは、女子便くんを甘やかしません」


【真美】「じゃあ、あたしのおしっこからお願いね、……女子便くんはあたしの前に来て」

ゲロ袋を持っていじめっ子たち二人の前に潜り込む。

140803g.jpg

真美は、直ぐ目の前でブルマーごとパンティーを脱いでしまう。
予想よりもずっと近い位置に真美のアソコが来てる。

【主人公】「……これ近すぎだよ」

【お】「まずは、真美のアソコをじっくり眺めることになるんですよね?」
【御】「そうです、それからおしっこをゲロ袋でキャッチ!」
【お】「そして?」
【御】「おしっこをしたいいじめっ子が二人、ゲロ袋は一つ、……さあ、どうなるでしょう?」
【お】「謎ですね」
【御】「謎です」


それでは、また!