151222d.jpg

title_kousiki.jpg
160315b2.jpg
160325_yuzuna.jpg


2014年08月22日

パッケージサンプル(実物)

お疲れ様です、おパンツです。

『女子のおしっこいじめ〜女子便くんといわれたボクの6年間〜』のパッケージのサンプルを入手しました。発売日が近いことをリアルに実感させてくれます。

package01.jpg

表面

package02.jpg

中身


同梱特典もしっかりご確認いただけましたでしょうか? あと一週間で、貴兄も女子便くんですね。

それでは、また!

コンテスト応募作品 12

お疲れ様です、おパンツです。発売日が近付いて、身体よりも精神的に慌ただしくなっております。

【お】「早速、シナリオ担当の御不浄くんと応募作品を見ていきましょう!」
【御】「皆様の玉稿を拝見いたします」


contest12.jpg



●たかさん 作品

クラス替えがあれば…
皆別々のクラスになり、女子便くんとイジメっ子の誰か一人とだけ同じクラスになったとすると…

さおりと一緒…一人で独占するのでは??女子便くんを誰にも渡そうとしない気がします。

真美と一緒…別のクラスになったさおりや陽子が更に友達の輪を広げ、10人以上で女子便くんをイジメそう。裕子も何故かイジメられてそう?

陽子と一緒…女子便くんと最初は仲良くするけど、警戒心を解いてからドン底に落として、さおり達と前よりも酷いオシッコ責めをしそう。

裕子と一緒…裕子が他の3人から命令されて女子便くんをイジメようとするけど、全然上手く行かない。
女子便くんが気を遣ってしまい、裕子に一言。
「オシッコ飲んであげようか??」
自分からやり易いようにしてあげる女子便くん。

どのルートでもやはり救われない女子便くん…


【お】「おお、キャラ別にクラス替え後のシチュエーションが書かれています」
【御】「いじめっ子たちの正確もしっかり反映されてますね」
【お】「さおりが一人で独占すると濃厚ないじめに発展しそうですね」
【御】「……禁断の果実に手を出しちゃいますか?」
【お】「真美は、クラスの女子全員で、女子便くんをいじめちゃうなんて話になりそうですね」
【御】「リアルにおしっこで溺れそう」
【お】「陽子は、何を考えてるかわからないところがありますからね」
【御】「女子便くんが、新しい地平を見そうです」
【お】「裕子は、見ている方が心配になりそうですよ」
【御】「女子便くんは、いいヤツです。……それで墓穴を掘ってしまう感じですね」



●ピンクのムーニーさん 作品

女子便くんは知らないけど朝のうちから裕子がオムツをはいてきていて、放課後に女子便くんに一日中のおしっこを吸ったオムツに口をつけて吸出すよう命令する。
その後ちゃんと吸い出せたのなら大丈夫だよねと言われ。裕子がはいていたオムツを女子便くんにはかせてトイレの使用を禁止させて、次の日の放課後にまた吸出しをさせる。


【お】「おお、オムツ系ですね、初めてでしょうか?」
【御】「おしっことは、ちょっと違う新しい世界ですね」
【お】「オムツの中のちょっと蒸れた空気とかが描写されるのでしょうか?」
【御】「それは外せませんね、いまの商品はそういうことは無いんでしょうけど、やはりオムツのイメージとして欲しいところですね」
【お】「御不浄くんのスイッチが入った様です」



●第15のいじめっ子さん 作品(PNはこちらで付けさせていただきました)

いじめっ子たちに裸に剥かれた女子便くん。教室の教卓に押し込められてしまう。そこに先生がやって来て、逃げるに逃げられない状態に。
その時間は学級会で、司会はなんといじめっ子たち。学級会を進めながら教卓の中の女子便くんのチンチンを足で刺激する。
女子便くんは、必死に我慢するけど、最後は搾り取られてしまう。


【お】「教卓に押し込められた挙句、エロいことされちゃうわけですね」
【御】「チンチンを弄られる女子便くんが、声を我慢するあたりの描写があると良さ気だと思われます」
【お】「陽子あたりは、消しゴムをわざと落として拾うふりをしながら女子便くんのチンチンをしごいたりとか」
【御】「裕子も一緒に入れられてるなんてのも有りですが、……いじめとしては弱くなっちゃいますかね」
【お】「そこは、何をするか次第でしょう」



●小梅さん 作品

「消えた検尿、犯人は女子便くん?」

欠席により、本来の提出日に出してないさおり。
さおり「あっれ〜。おかしいなぁ?」
3人「どうしたの?」
さおり「持ってきたおしっこ無くなっちゃった」(デカイ声&ニヤニヤ女子便くんを見ながら)
その後は、裕子の自爆と、さおり、真美、陽子の強引な誘導により、女子便くんへの制裁が始まるのでした。
4人「そんなに、飲みたければ搾りたてをあげるわ!」
仰向けの女子便に、降り注ぐ熱いシャワー(笑)
また女子便くんの幸せな、1日が終わります


【お】「検尿の紛失から、いじめっ子たちの理不尽なおしっこシャワーに繋がるシチュエーションです」
【御】「おしっこシャワー、……最高です!」
【お】「そこですか?」
【御】「もちろん、いじめっ子たちの理不尽さもいいですよ、そこがいじめの醍醐味の一つですからね」
【お】「理不尽さが醍醐味ですか?」
【御】「醍醐味です」
【お】「小梅さんからのコメントが入ってます」


初回投稿の、ブログ掲載が嬉しくて、文章考えたのですか、長くなったので要約して、投稿します。

【お】「長くても全然OKですよ」
【御】「反対にスゴく短くてもOKです」



●いーきゅさん 作品

みんなも思い出深いであろう、給食で出される牛乳。その空き瓶にいじめっ子4人の味・香り・のどごしがそれぞれ異なる黄色がかった液体を溜め、出来上がったおしっこカクテルを一口一口じっくり味わわされる。明日までに、おしっこカクテルの感想を作文用紙にまとめてくるようにと宿題を課せられる話。

大人になった女子便くんは語る。透明な瓶の中でゆらゆらと揺れていたおしっこは、それはそれは美しいものであったと……


【お】「味わいの深い深い牛乳瓶系のいじめが降臨しました」
【御】「ただ飲まされるだけじゃなく、感想文まで書かされるあたり、ワンランク上のいじめですね」
【お】「更に、大人になった女子便くんが語ってます」
【御】「過ぎ去った日々の美しい思い出ですね」



●RMさん 作品

・いじめっ子達が足コキする時に精子が飛んで服に着くのが嫌ということでコンドームの代わりに靴下をチ◯コにかぶせて足コキされる
うるさい女子便くんの口はもう片方の靴下で塞いじゃいます!


【お】「RMさんから2つのシチュエーションをいただきました」
【御】「靴下を被せての手コキじゃなくて足コキ、……目の付け所が素人じゃ無いですね」
【お】「手コキに行きそうですものね」
【御】「女子便くんのビクンビクンてなってる姿が目に浮かびます」


・下級生との交流の行事のような時にいじめっ子達が下級生の女の子達に女子便くんでの遊び方を教えて下級生の子からもおしっこや唾液を飲まされたり足を舐めさせられたりする

【お】「下級生にいじめられちゃう女子便くんですね」
【御】「最高です」
【お】「『女子便のお兄ちゃん』とか呼ばれたりして」
【御】「いじめというより、イタズラしている感じになりそうですね」
【お】「……むしろ容赦無い感じになりそう」
【お】「RMさんのコメントです」


自分がされたいシュチュエーションです。二つともまたマニアックですがよろしくお願いします( ̄+ー ̄)

【お】「RMさんて、もしかして弊社の社長?」
【御】「……いや、社長は違うって言ってましたよ」



●ぺろちゅーさん 作品

満員電車に乗ってる女子便くん。周りは女子校生のお姉さんたち。女子便くんに興味を持ったお姉さんたちに話しかけられる。
「この子、知ってるよ」と、一人が声を上げる。なんと公園でいじめっ子たちに性的にいじめられていたのをこっそり覗き見していた。
「へえ、だったらこんなことをされちゃってるんだ」一人が女子校生のパンツの中に手を入れたのを皮切りにあちこち触られてしまう女子便くん。
お姉さんたちが下車すると、そこにはヨレヨレになった女子便くんが一人残されていた。


【お】「痴漢列車系のいじめシチュエーションですね」
【御】「しかもおねショタですか、……好きです」
【お】「お姉さんたちは、セーラー服を希望します」
【御】「いいでしょう」
【お】「ありがとうございます」
【御】「皮を剥かれてお姉さんの柔らかくてちょっと冷たい手でシコシコされると」
【お】「別のお姉さんには、唇を奪われてしまう感じで」
【御】「唾液を飲まされながら、ビクンビクンですね」



●エロの使い魔さん 作品

※反転すると読めますが、閲覧は自己責任でお願いします

1.陽子が風邪を引き、陽子の家にお見舞いにやってきたいじめっ子たち+女子便くん。
少し回復してきた陽子の命令で、女子便くんはうどんを作らされる。
うどんを食べ、上機嫌の陽子だったが、また気持ち悪くなってきて…
おえぇぇっと陽子が女子便くんにゲロをぶっかける!
陽子は風邪気味でよく噛んでなかったのか、原型の残るうどんだらけのゲロを頭からかぶってしまう
女子便くんでした。


【お】「おおっ、遂に来ましたね、嘔吐系です。」
【御】「一つのジャンルですね」
【お】「そして、おしっこ以上に人を選ぶシチュエーションですよね」
【御】「そこは仕方ないかと」


2.女子便くんの家に遊びに来たいじめっ子たち。裕子がおトイレに行きますが、おしっこを盛大にはみ出してしまいます。
それを知らんぷりして出てきた裕子。その後におトイレに行った真美が、「ちょっと〜裕子、床おしっこでびちょびちょじゃない、何やってんのよ」と不満を漏らしますが
ここで真美が閃きます。
真美は、わざとおしっこを全部便器からはみ出させ、ますます床をびちゃびちゃにします。
そして、「ちょっとちょっと、女子便くん、おトイレが汚れてるわよ。掃除しなさいよ」と命令する真美。
女子便くんは、4人の見守る中、床にたっぷりたまった2人分の濃いおしっこを、飲んで処理させられます。


【お】「遊びに来てやりたい放題のいじめっ子たちです」
【御】「一瞬、洋式のトイレを想像しましたが、和式ですよね」
【お】「当然です」
【御】「洋式でも、『あたしら他所の洋式って嫌いだから』と、便座に乗って和式スタイルおしっことか」
【お】「それで飛び散らすのもいいですね」
【御】「いずれにしろ女子便くんの運命は同じですが」



『女子のおしっこいじめ〜女子便くんといわれたボクの6年間〜』のパッケージが手元に来ましたので、後ほど写真を掲載いたします。例の同梱特典もちゃんと入ってますよ。……無かったら大事ですけど。

それでは、また!

カウントダウン 7日前!

お疲れ様です、おパンツです。

『女子のおしっこいじめ〜女子便くんといわれたボクの6年間〜』も、いよいよ発売一週間前です!

140822.jpg


【お】「では、弊社スタッフYさんより一言」
【Y】「買うまんこ」

それでは、また!