151222d.jpg

title_kousiki.jpg
160315b2.jpg
160325_yuzuna.jpg


2014年08月17日

コンテスト応募作品 08

お疲れ様です、おパンツです。連休最後の日は、しろいぱんつの公式ブログでお楽しみ下さい。

それでは引き続き、コンテスト応募作品のご紹介します。
今回も力作揃いですよ!

【お】「早速、御不浄くんと一緒に作品を見せていただきましょう!」
【御】「玉稿を拝見いたします」


contest08.jpg


●いーきゅさん 作品

水遊びが出来る公園で遊んだ後、公園の草陰でいじめっ子たちが自分の汗と水がぐっしょり染み込んだ服を絞って、それを女子便くんにたくさん飲ませるプレイ


【お】「いーきゅさんからいただいたのは、服を絞って飲ませちゃうシチュエーションですね」
【御】「汗を飲ませるというのは、斬新だと思います」
【お】「汗は舐めるのが定番ですからね」
【御】「定番をあえて外してくる辺り、出来ると思せますね、……それに絵面がエロいかと」
【お】「半裸のいじめっ子たちが服を絞ってるわけですものね」
【御】「ここは体操服でお願いします」
【お】「おパンツも同意権です」



●霧島嵐児さん 作品

女子便くんの夏休みの課題、押し花の標本がナプキンにすり替えられて、さおりと真美、陽子と裕子のナプキンでサンドイッチに。朝顔といじめっこの味が混ざったナプキンをいじめっこが満足するまで舐めつづけないと返してもらえない。

幼児用プールを引っ張り出して足をつけて遊んでるいじめっ子。女子便くんを裸にして幼児プールに座らせ、足を舐めさせホースの水をちんちんかけていじめる。女子便くんが涼しそうなのが癪に障り、最後はおしっこいじめ。

秋。学校帰りの焼き芋屋。女子便くんは少ないお小遣いからカンパさせられ、いじめっ子たちが焼き芋を食べる。代わりに順番にいじめっ子の肛門に顔を近づけ、直接おならをかがされる。さおりがちょっと実を出してしまうハプニングも。


【お】「常連の霧島嵐児さんから、三本いただきました」
【御】「夏から秋のシチュエーションですね、朝顔、プール、そして焼き芋」
【お】「朝顔の押し花+ナプキン、アイテムがいいですね」
【御】「いろいろ想像を掻き立てます」
【お】「プールでは、チンチンへの水掛けが良くないですか?」
【御】「高ポイントです、……道具を介しての性的ないじめが盛り上がります」
【お】「身体の一部がですね」
【お】「そして焼き芋から→おならへ」
【御】「おならは、一つのジャンルですからね」
【お】「最後には、さおりから実が出ちゃってます」
【御】「おならから→野糞シチュへ」
【お】「その場合、女子便くんは見張りでしょうか?」
【御】「無論です、女子便くんはチラチラ、さおりのウンチをする姿も見ちゃうでしょうね」
【お】「その光景に獣欲を呼び起こした女子便くんが、まだウンチで汚れている蕾に猛り狂ったモノを突き立てると」
【御】「……いや、そういう展開にはなりません」



●Ten-Lyさん 作品

授業中、女子便くんの前の席の女子(いじめっ子ではない)がおならをしてしまい
その匂いと、恥ずかしがる様子を見ておどおど赤面してしまう女子便くん。(もちろん一部始終をいじめっ子に見られている)
次の休み時間、「○○さんのおならいい匂いだった? ほら、私のはどう?」と にぎりっ屁を嗅がされ、
間髪入れず他の子も「あ、私も出そう! 私は直接あげるね♪」と顔面騎乗でおならされる。
というのはどうでしょうか?


【お】「続けておならネタですね、時代が近付いているのでしょうか?」
【御】「あるかも知れませんね、フルプラは難しいとは思いますが」
【お】「にぎりっぺが可愛いです」
【御】「いいところに気が付きましたね」
【お】「顔面騎乗→放屁の流れは定番なんでしょうか?」
【御】「顔面騎乗っておならと相性が良さそうですものね」



●dioさん 作品

体育の後の休憩時間、女子便くんがウォータークーラーの列に並んでいると、いじめっ子たちに囲まれ、校舎うらに・・・。
「そんなに喉が渇いてるの?女子便くんは水よりこっちのほうが好きでしょ?」
突然4個の紙コップが・・・中にはいじめっ子それぞれのおしっこが入っている。
「全部飲んでいいよ。」いじめっ子に言われる女子便くん。
「ただし、どれがさおりのおしっこか当てること。」
はずしたらもちろん罰ゲームが・・・。
ヒントに渡されたのは、さおりの脱ぎたてパンツ。
そのパンツにはシミが・・・さっきおしっこした後に、拭かずに履いていたものだ。
女子便くんはそのシミの香りを嗅ぎながらそれぞれの紙コップを口にする。
見事女子便くんは、さおりのおしっこを的中。
正解したご褒美に、黄色い液体の入ったペットボトルが渡される。
中身は、さおりのおしっこと炭酸で作ったさおり自家製ジュース。
おしっこソムリエの称号を手にした女子便くん・・・。
さらに、さおり特製ジュースを一気飲みさせられる。
飲んだ後のゲップが・・・。


【お】「普通のおしっこソムリエ系かと思いきや、それだけに留まりませんでしたね」
【御】「ペットボトルも500じゃなくて、1.5リットルを想像してしまいました」
【お】「いじめのレベル上げは禁止です」
【御】「黄色い液体+炭酸がポイントですね」
【お】「ヒントとしてパンティーを渡しているところが、優しいですね」
【御】「本編だったら、さおりのパンティーに真美のおしっこの染みが付けてあったりとか、意地悪が入るでしょうね」
【お】「それでも的中させるのが、女子便くん」
【御】「おしっこソムリエですから当然です」



●第13のいじめっ子さん 作品(PNはこちらで付けさせていただきました)

いじめっ子達が体育のあとで蒸れた靴下を口で洗濯して欲しいと言って順番に女子便くんの口の中に靴下をいれて洗濯させる。(洗剤はもちろんいじめっ子たちの唾液!)とかはどうですか

【お】「靴下を口に入れるだけかと思いきや、洗濯!」
【御】「レベルが高いですね」
【お】「洗剤がいじめっ子たちの唾液というのもポイント高いですよ」
【御】「ええ、いじめのレベルが高いです」
【お】「靴下好きの人には、余計なものを入れるなと怒られそうですが」
【御】「それって、圧倒的に少数なのでは?」



●第12のいじめっ子さん 作品(PNはこちらで付けさせていただきました)

追加です!

冬に主人公の家にいじめっ子4人が押しかけてきて、こたつを占領する。主人公はなぜかこたつの中に押し込まれる。すると異様な匂いに気付く。それはいじめっ子達のブーツで蒸れに蒸らされた足の匂いだった。
いじめっ子達は靴下もこたつの中で脱ぎ、中を足くさ地獄にする…みたいな!


【お】「足臭系のトップを走る第12のいじめっ子さんから追加です」
【御】「潜在的に需要は多そうですね」
【お】「ブーツとこたつ、……どちらもキますね」
【御】「ええ、キます」
【お】「そしてだんだん気持ち良くなる女子便くん」
【御】「新しい地平が見えて来ます」
【お】「ちなみに会社の下駄箱も、かなりキます」



●たかさん 作品

参観日にて…
作文を読むことになり、いじめっ子達からの日頃のイジメ…ではなく、感謝の気持ちを書くことになる女子便くん。
「ハイキングで分けてもらった水、とっても美味しくてもっと飲みたかったよ。
給食当番のマスク、貸してくれてありがとう。その日のお昼ご飯は、凄くいい匂いがしたから、おかわりもしたよ。
国語の成績があんまり良くないからガンバって!と励ましてくれたこともあったから、辞書がクシャクシャになるまで勉強したよ。」…など。
暗に、やらしい事を言わされる作文。当然、いじめられている事には一切触れず。
作文を読み終わった後に、わざと作文を落として、地べたで拾う時に、
女子便くんがいじめっ子の上履きを舐める。
参観日を見に来た親には、一切気づかれずに終了!


【お】「恥辱系のいじめでしょうか?」
【御】「あらかじめ、いじめっ子たちに作文に書く出来事を指定されるというのもアリかも」
【お】「逃げ場なしにしちゃうわけですね」
【御】「上履きを舐めるとか、演出も細かくてグッドです」
【お】「実は、まだ続きがアリます」


余談ですが、女子便くんが上履きを舐めたのを見ていた人が一人。
さおりのお母さん。
この人がドSで、さおりと一緒に女子便くんをイジメるのか、さおりから奪って女子便くんを調教するのか…


【お】「満を持してさおりのお母さん登場です」
【御】「さおり親子からいじめられた上に赤ちゃんの種を搾られちゃうんですね」
【お】「お母さんが、さおりから女子便くんを寝(いじめ)とっちゃう展開もいろいろなところが膨らみます」
【御】「さおりには内緒でいじめちゃう展開もアリです」



●第14のいじめっ子さん 作品(PNはこちらで付けさせていただきました)

さおり「女子便くん、さっそくだけどこの薬を飲んで」
主人公「えっ何この薬…?」
真美「いいから早く飲んで」
陽子「大丈夫、何の問題無いから」
裕子「そうそう、作用は一時的だから」

作用…?恐いけど飲まないといけないんだろうな
主人公「(ゴク)飲んだけど何もならないよ。って何でみんな大きくなってるの?」

真美「凄い、本当に小さくなっちゃうんだ」
さおり「さぁこれで色々と遊べるわね」

とこの後上履きに入れられて授業1時間受けさせられる、ビーカーに入れられておしっこで溺れさせられる、ナプキンに張り付けなどシチュエーションなどを希望


【お】「そして、ちっちゃくなるネタの登場です」
【御】「いいですね、上履きに入れられたり、おしっこで溺れたり、究極のいじめ発生です」
【お】「第14のいじめっ子さんからのコメントです」


マニアック過ぎてすみません…

【お】「奇しくも同じネタのRMさんと同じコメントです」
【御】「同一人物?」
【お】「いや、違う人でしょう」
【御】「時代は、おならとともに求めているのかも知れませんね」
【お】「ちっちゃくなった女子便くんをビニール袋に入れてそこにいじめっ子たちがおならをするとか?」
【御】「いや、……混ぜるのは危険かと」



シチュエーションコンテストは、まだまだ募集中です! こんなの思い付いちゃったという方は、是非ご応募下さい! 短くてもぜんぜんOKですよ!

それでは、また!