151222d.jpg

title_kousiki.jpg
160315b2.jpg
160325_yuzuna.jpg


2014年08月16日

コンテスト応募作品 07

お疲れ様です、おパンツです!

今回も引き続き、コンテスト応募作品のご紹介です!

【お】「本日も御不浄くんと一緒に皆様の作品を見せていただきましょう」
【御】「皆様の玉稿を拝見いたします」


contest07.jpg


●第10のいじめっ子さん 作品(PNはこちらで付けさせていただきました)

ボクがあたしであたしがボクで(略)。

女子便くんと体が入れ替わったなんて知られるのはプライドが許さないさおり。(*1)
みんなに気付かれずに学校での一日をやり過ごすよう、自分の顔と声で言い渡される女子便くん。(*2)
そんなことは知らない3人は、いつもどおり女子便くん(の体に入ったさおり)を追い詰める体勢に。
一緒になっていじめればバレないが、もちろん女子便くん@さおりの体はそんなことは出来ない。
がんばれ女子便くん、さおりの立場を使える今日こそいじめを回避するんだ、せめておしっこ飲ませるのだけは…。

(略)その2
同じ日の放課後、さおりの家で「ひとりでこっそり、あたしのカラダにヘンなことしなかったでしょうね」と徹底的にヘンなことされちゃう女子便くん(体はさおり)。

(注)
*1 今後のヒラエルキートップの座にもかかわりますし
*2 「いつものさおりと女子便くんに見えるように振舞わないと入れ替わりがバレる」と2人で思い込むこと自体が罠。


【お】「身体が入れ替わっちゃう系のストーリー+いじめですね。力作ですよ」
【御】「これまでにない新しい切り口かも」
【お】「入れ替わってるさおりと女子便くんの心の動きが面白いです」
【御】「ええ、いじめの意味も正反対ですもからね」
【お】「このネタだけで、ゲームが出来ちゃいそうです」



●第11のいじめっ子さん 作品(PNはこちらで付けさせていただきました)

タイトル・おしっこソムリエ

紙コップに4人のおしっこが入っていて、どれが誰の味見して当てさせられる。
外れたら罰ゲームとしてその紙コップのおしっこを全部飲み干す。
1人目、2人目を外し、3人目も二分の一の確率を外し、最後は消去法的に正解。

・・・助かった。さすがにコップ4杯はきついよ。
「じゃあ、正解のご褒美にこのおしっこも飲ませてあげる」(最後に残った紙コップを
差し出す)
「えっ?」
「だって、女子便くん、おしっこ大好きでしょ?」


【お】「おしっこソムリエですね、当然あってしかるべきシチュエーションと言えるようですね」
【御】「まんまのイベントを入れて置いても良かったかなと思ってます」
【お】「第11のいじめっ子さんのコメントです」


・・・絵にならないシチュエーションですね。

【お】「絵的な問題はあまりないと思いますが」
【御】「おしっこを出した後なので、エッチな絵にならないというのはアリますね」
【お】「プロローグっぽい絵になっちゃいますか」
【御】「悩ましいところです」



●ばこちんさん 作品

体育の授業で汗をかいた女子便くんの……以降、非公開。


【お】「非公開イベントに一部、正解です」
【御】「いじめのシチュエーションは、当たりです」
【お】「わかりやすかったですかね?」
【御】「いや、それは無いと思います」
【お】「では、いじめっ子を代表して、裕子から一言いただきたいと思います」


140816.jpg



●第12のいじめっ子さん 作品(PNはこちらで付けさせていただきました)

1 目隠しで椅子に縛られた状態でいじめっ子達全員の上履きを嗅がされて、どれが誰のか全員当てるまで帰れないゲームをやらされる

2 真夏の日にあえて、スニーカーに素足で登校してきたいじめっ子達の足の消臭を授業の休み時間ごと(体育終わりも含む)にやらされる

3 主人公に一番足が臭いって言われたら優勝というゲームがいじめっ子の間で行われ、いじめっ子達は3日間の準備期間をもらい、それぞれ激臭な足を作る(靴下とりかえない、素足にブーツをはく、お風呂入らない等)。3日後、主人公は全員の足をかがされて、優勝者を決める。

こんな感じの足臭攻めがみたいです!


【お】「足の臭いにこだわり抜いたシチュエーションですね、心の叫びが聞こえます」
【御】「回を重ねるほど臭いがキツくなって来るところが高ポイントですね、いいですよ、実にいい」
【お】「どんどん選ばれた上級者向けにシフトですね」
【御】「間違えてイケないのは、オヤジの足の臭いとは違うって点です、あの臭いと一緒にされては困ります」
【お】「ああ、そうですよね、……あくまでいじめっ子たちの足の臭いですものね」
【御】「でも、上級者向けなのは、間違いないです」
【お】「ですね」



●霧島嵐児さん 作品

おつかいで来たスーパー。ヨーグルトコーナーで偶然いじめっ子たちに遭遇。ヨーグルトが欲しいなら食べさせてあげる、といじめっこのおりもの&おりものシートをおりものが出て来るまで舐めさせられる。


【お】「おなじみの霧島嵐児さんから、使用済みナプキンじゃなくて、おりものシートモノです」
【御】「おりものシートなら、ナプキンよりもライトな感じですね」
【お】「そうなんですか?」
【御】「パンティー以上、ナプキン未満です」
【お】「新しいアイテムが増えるのはいいですね」
【御】「僕たちの夢が広がります」



シチュエーションコンテストは、『女子のおしっこいじめ〜女子便くんといわれたボクの6年間〜』の発売日(8月29日)まで募集してます! 是非ご応募下さい!

それでは、また!