151222d.jpg

title_kousiki.jpg
160315b2.jpg
160325_yuzuna.jpg


2014年08月12日

コンテスト応募作品 03

お疲れ様です、おパンツです。

お盆直前ということで、ご先祖様お帰り直前スペシャルとしまして、本日二回目の更新です。

【お】「では、引き続き御不浄くんと見て行きます!」
【御】「玉稿を拝見賜ります」


contest03.jpg


●霧島嵐児さん 作品

腋毛を剃ってひりひりする真美の腋の下を舐め舐め、剃刀についた腋毛も食べさせられる。女子便くんのチンチンに剃刀を当てられて切っちゃうぞと脅される、でもピクピク反応しちゃう女子便くん。


【お】「真美ご指名ですね、フェチ度高めで上級者とお見受けいたします」
【御】「刃物当ても通なシチュエーションですね、割れ目に当てるのは見たことが有りますがチンチンは初めてでした」
【お】「御不浄くんも見たこと無いんですか?」
【御】「浅学に汗顔の至り」
【お】「御不浄くん、ジャンルが偏ってますものね」
【御】「否定はしません!」



●第7のいじめっ子さん 作品(PNはこちらで付けさせていただきました)

夏休み、女子便くん宅にいじめっ子達がお泊りしにきて、女子便くんが……以下非公開

【お】「前回に引き続き、非公開イベントと被りましたね、しかも同じ内容です」
【御】「舞台設定が違いますが、いじめそのものはドンピシャでした。ニアピン賞です」
【お】「皆さんと我々が同じ方向を向いた同志であることの証明ですね」
【御】「ずっともです」



●第8のいじめっ子さん 作品(PNはこちらで付けさせていただきました)

いじめっ子たちの家でのお泊り会に参加
テーブルを囲んでいじめっ子達が楽しくお話する中
女子便くんはテーブルの下で全裸で仰向け待機
いじめっ子達の誰かがおしっこに行きたくなると、その場で女子便くんに飲ませることで誰も席を立たずに雑談を続けられる。
たまに足でいたずらされたりするが、家が臭くなるので射精は禁止される。


【お】「女子便くんの魅力を引き立てる力作ですね、道具扱い+おしっこ、お見事です」
【御】「冬場だったら掘り炬燵を推奨します!」
【お】「おこたの中はワンダーランドですよね、……何か靴下が入ってますし」
【御】「射精が禁止されているところもいいですね、こだわりを感じます」
【お】「テーブルの下から女子便くんの『ヤメてよ』というちょっと情けない声が聞こえて来そうです」



●まゆら様の下僕さん 作品

いじめっ子達の唾液とおしっこを飲み比べさせられて、利き酒ならぬ、利き唾液(利きおしっこ)をさせられる。


【お】「利き唾液とは、素敵な着眼点だと思います」
【御】「女子便くんは、当然、目隠しをされてるわけですね」
【お】「『いまの唾液、誰のだろうね?』と耳元で囁くのは、やっぱりさおりでしょうか?」
【御】「でしょうね、……問題も真美と陽子のミックスだったりと難問を用意しそうです」
【お】「いじめっ子たちだけに、まともには勝負させてくれませんね」
【御】「そこに裕子が『いくら女子便くんでも、真美ちゃんと陽子ちゃんの唾液が混じってるなんてわからないよね』と口を滑らせる」
【お】「毎回、美味しいところを独り占めですね、裕子は」
【御】「それで、残りのいじめっ子たちに割れ目をクチュクチュされて、ヌルヌルを女子便くんの口に滴らせる。当然、不正解」
【お】「……既に唾液じゃないですよね?」
【御】「いじめっ子はルール無用ですから」



以上、四作品を掲載させていただきました。引き続き皆様のご応募をお待ちしております。

それでは、また!

コンテスト応募作品 02

お疲れ様です、おパンツです。

今回も引き続き、皆様ご応募いただいたシチュエーションコンテストの作品を、掲載して行きます。
締め切りは、発売記念のコンテストですので、8月29日とさせていただきます。皆様、ふるってご応募下さい。

【お】「本日も御不浄くんと見て行きます」
【御】「今回も玉稿を拝見賜ります」


contest02.jpg


●ぽこちんさん 作品

拘束されて身動きのとれない女子便くんの口に運動して汗だくになったさおり達のパンツを突っ込まれ、尚且つ、さおり達の内、誰か一人が汗まみれになった腋で女子便くんの鼻を塞ぎ、腋汗プレイと呼吸制御プレイをさせるってのはどうですか?


【お】「勿論、有りです」
【御】「レベルの高いいじめですね、ペンネームもレベルが高いです」
【お】「いじめっ子の誰のパンティーを咥えさせるのがいいでしょうね」
【御】「ここはさおりでしょうか?」
【お】「裕子のパンティーを咥えさせて、女子便くんの唾液にまみれたパンティーをまた戻すというのもいいんじゃないですか?」
【御】「ほほう、おパンツ氏もなかなかやるではないか、……裕子の困った表情が目に浮かびます」
【お】「さおりだったら、『女子便くんにパンティーを濡らされちゃったどうしてくれるの?』と第二弾のいじめに発展しそう」
【御】「そして真美と陽子は、脇汗の匂いを嗅がせるほうですね。どうせなら左右から同時にせめたいところです」
【お】「勝手に書き換えちゃダメですよ」



●第5のいじめっ子さん 作品(PNはこちらで付けさせていただきました)

同窓会で社会人になった女子便くんにジョッキでおしっこ一気飲み。

【お】「一部、大人の事情で書き換えさせていただきました」
【御】「えっ、何処を変えたの?」
【お】「聞くな!」
【御】「同窓会、……きっとみんなスゴく綺麗になってますね、……裏設定はあるのですが、エンディング後の話になるので掲載は出来ないと思います」
【お】「思わせ振りに語って実は何も無いパターン?」
【御】「……ちっ」
【お】「問題は、誰のおしっこかですね?」
【御】「四人全員じゃないんですか、そしてCGだけ公開しているイベントの思い出を語る」
【お】「その後、ラブホでめちゃくちゃセックスした」
【御】「入れてる最中に『こいつ本当は女子便くんのこと好きだったんだよ』なんて横から言われたらたまらんでしょうね」
【お】「……なんか羨ましすぎるから、女子便くんは卒業式の前日、交通事故で死んじゃったことにしますか?」
【御】「おやめなさい」



●ダンセルさん 作品

夏休みの自由研究としていじめっこ達が『女子便くんの生体』をテーマに、いじめっこ達がそれぞれ女子便くんにおしっこやら唾液を飲ませて、女子便くんの好きな飲み物を調べたりするのはどうでしょうかw


【お】「自由研究ネタですね、勿論OKです」
【御】「女子便くんのいちばんの好物は誰のおしっこなんでしょうね」
【お】「おしっこ限定ですか? 唾液の可能性も」
【御】「最初は滴らせていたけど、途中から口移しになって、いじめっ子四人から強制ディープキスをされる女子便くん」
【お】「おしっこも直飲みですか?」
【御】「当然です、最後には全員でブッカケられて『誰の味かわからないよ』となるかと」
【お】「それじゃ決着が付きませんね」
【御】「いじめっ子の間でもいろいろモメると思います」
【お】「じゃあ、研究結果は出ないと」
【御】「いえ、たぶん裕子が余計なことを言って、女子便くんにアソコを舐めさせられることになるのではないかと」
【お】「裕子の自爆発言ですか、……ありそう」
【御】「そして他のいじめっ子たちの意見で、裕子のヌルヌルがいちばん美味しかったことにされてしまう」
【お】「裕子、……残念な子」



●第6のいじめっ子さん 作品(PNはこちらで付けさせていただきました)

靴の中敷きを食べさせて口にガムテープ

【お】「靴下じゃなくて、中敷きなのがポイントですね」
【御】「そうです、レベルが一段上がってます、しかもガムテープで口を塞がれてますから、一見すると普通のいじめと見分けがつかないところが最高です」
【お】「酷いいじめみたいに見えるけど実は違うんだよって感じですね」
【御】「そうです女子便くんは、息苦しさと中敷きの匂いでトリップ気味になんて、なんかいい気持ちになっちゃうわけです」
【御】「同時に舐めさせてる側は、やり過ぎちゃったかなと思いつつも女子便くんの反応に興奮してしまいます」
【お】「中敷きの持ち主が、仲間に気付かれないように自分の股間を触ったり?」
【御】「そうです、そこを女子便くんだけは見ていて、お互い興奮してしまうみたいな流れなんて良くないですか?」
【お】「おおおっ、思っていた以上にエロいですね」
【御】「さじ加減を間違えると、靴の中敷がお好きな方でも逃げてしまう内容になるので、そのあたりは注意が必要です。この手のものはナイーブですから」
【お】「皆さんも靴の中敷きを口に入れるエロシーンを作る時の参考にして下さい」



●たなひこさん 作品

全文非公開。


【お】「遂に出ました全文非公開!」
【御】「作品が未公開イベントの内容そのものです、おめでとうございますピタリ賞です」
【お】「音声とCG付きで本編に収録されてますよ」
【御】「では、いじめっ子を代表してさおりから一言」


140812.jpg

【お】「……あっ、いいな」


以上、四作品を掲載させていただきました。引き続き掲載してますので、よろしくお願いいたします。

それでは、また!