151222d.jpg

title_kousiki.jpg
160315b2.jpg
160325_yuzuna.jpg


2014年06月07日

女子便くん語録

お疲れ様です、おパンツです。公式サイトは作らないんですか?とたまに質問されるのですが、今のところこのブログが唯一の公式です。
なんかすいません。

Twitterも始めたので、あっちには緩い系の情報をこっちには濃い系の情報を載せることにします。あとエロい画像もこっちのみですね。

140608b.jpg


今回は、女子便くんのセリフをじっくり研究してみましょう。前回紹介した女子便くんのセリフは、言葉というより喘ぎ声中心のご紹介だったので、今回は言葉を中心に見てみましょう。初期のイベントから抜き出してみます。


・【主人公】「おはよう! 昨日のテレビ見た? あっははは、あれ面白かったよね」

まずは、記念すべき第一声です。この時はまだいじめっ子たちはただのクラスメートで、主人公にも普通に友達がいます。これのほんの数クリック後に主人公は自分の上履きに詰められたアレを発見しちゃうわけです。
そう、主人公は既にいじめっ子たちの罠にはまっているのでした。


・【主人公】「……変な味かも」

続いて、主人公の女子便くんが初めておしっこを舐めた時の感想です。おしっこなので美味しいわけはありませんので当然の反応です。でも、スゴく嫌ってわけでもない反応ですね。


・【主人公】「あの、……女子便くんて何、……もしかしてボクのことなの?」

初めて女子便くんと呼ばれた時の主人公の反応です。耳を疑うのは当然です。なんたって女子便ですからね。もう、このあだ名だけで酷いいじめです。
主人公は、嫌がりつつも受け入れてしまいます。女子便くんは、いい奴ですから。


・【主人公】「パンツをはいてないと落ち着かないよ」

女子便くんと言えば、いじめっ子たちにパンツを奪われることが度々あります。更にはパンツだけじゃなくズボンも奪われてフルチンにされることも一回や二回じゃありません。
パンツだけ奪われた女子便くんは、ゴワゴワする感触に戸惑ってしまいます。そんな場面の一言です。


・【主人公】「……おしっこ臭い黄色組なんだ」

女子便くんの体操服は、いじめっ子たちによって黄色く染め上げられてしまいました。しかも臭い付きです。女子便くんのセリフには諦めの色まで付いちゃってます。
でも、色って体操服じゃなくて帽子で見分けるのでは?という突っ込みは無しの方向で。もちろん帽子も黄色く染まってると思います。たぶん。


・【主人公】「……嘘っ!」

女子便くんは、いじめっ子たちの罠に陥れることも度々あります。とても罠とは呼べない雑な罠でも女子便くんは逃げることが出来ません。なんたって相手は理不尽ないじめっ子ですからね。


・【主人公】「あっ、待って、……いま、飲むから」

女子のおしっこいじめのタイトルどおり、女子便くんは、おしっこを飲まされてしまいます。いじめっ子たちによって飲まないといけない状況に追い込まれてしまうのです。まったく酷いいじめですね。