151222d.jpg

title_kousiki.jpg
160315b2.jpg
160325_yuzuna.jpg


2014年05月15日

国語の辞書と女子トイレ

お疲れ様です、おパンツです。……工事って、エアコンの工事なんですけど、月曜までエアコンが使えないようで……。外気はたいして暑くは無いのですが、パソコンが一度に稼働している社内はムンムンしちゃうわけなんですよ。

今回は、画像は原画は公開してたのに、内容の説明だった、女子トイレで女子便くんの国語の辞書におしっこを引っ掛けてる、あのイベントを改めてご紹介します。

ちなみにこの時の主人公は、まだ女子便くんとは呼ばれてません。それとテキストは未完ですので誤字脱字などは大目に見て下さい(御不浄くん談)とのことです。

140324bg.jpg


【主人公】「……辞書が無い、……えっ、何で? ……確かに机の中に入れたはずなのに」
仕舞ったはずの国語の辞書が無くなっていた。おかしいな、さっきまで有ったはずなのに。
ロッカーにも入ってないし。何処に行ったんだろう。
【さおり】「どうかしたの、何か困ってるみたいだね?」
【真美】「探しものとか? ……困ってることがあるならあたしらに相談してよ」
【陽子】「うん、何でも探してあげちゃうよ、……それで何が無いの? 糊? 糊だったらまた搾ってあげてもいいよ」
【裕子】「まさか、またナプキンをトイレから持って来ちゃったの? ……ダメだよ机の中に隠したら」
いじめっ子たち四人組に取り囲まれていた。
【主人公】「糊でもナプキンでもないよ、……国語の辞書を探してるんだよ、……何処に有るか知らない?」
【さおり】「国語の辞書? あたしは見てないよ、……机の中に入って無いの? ……ロッカーには?」
【主人公】「ううん、……どっちも入って無いよ」
【陽子】「あたしは知らないなあ、真美は知ってる?」
【真美】「ああ、国語の辞書ね、……女子トイレに一冊、落ちてたよ、……それはさっき見た」
【主人公】「えっ、女子トイレ? ……ああ、それなら違うよ、ボクのがそんなところにあるわけ無いもの」
【裕子】「でも、誰かが女子トイレに持って行ったのかもしれないでしょう?」
そう言われるとそんな気も。
勝手に持って行くとしたら、目の前の四人しか思い当たらないが……。
【さおり】「確認だけでもしたら もしあんたので、誰かに捨てらたら困るでしょ?」
【裕子】「それがいいよ、とにかく確認だけでもしなよ、違ってても次の時間だけ借りちゃえばいいじゃない」
【主人公】「う、うん、……そうだね、確認は必要だね」
今日のいじめっ子たちは、いつになく親切だった。……意地悪なニヤニヤ笑いを、揃って浮かべているのが気になるが
【陽子】「じゃあ、女子トイレに行って来たら、……早く行かないと休み時間が終わっちゃうよ」
【主人公】「えっ、……自分で女子トイレに行くの?」
【裕子】「当たり前じゃない、他に誰が行くの? ……あたしは嫌だよ」
【さおり】「あたしも嫌、……誰のともわからない辞書なんて触りたくないし、……しかもトイレに落ちてるんでしょ、……嫌すぎ」
【主人公】「……だよね」

140415.jpg


休み時間も残り少ないのが幸いして、こっそり入り込んだ女子トイレは無人だった。
ほっとため息を漏らす。
いくら自分の辞書があるかも知れないとは言え、女子トイレに入り込むのは緊張する。
【主人公】「……あっ」
個室の中、便器に落ちてる辞書を発見した。
……これって。
開かれた辞書は無残に濡れていた。しかも黄色い液体で臭っている。
……おしっこだ。
おしっこで濡れた辞書は、ページが張り付いて文字が透けている。でも、ボクの辞書で間違い無さそう。
女子トイレだから、辞書を濡らしているのって、女子のおしっこなのかな?
男子のと少し違うかも。
……いや、そんなことよりどうしよう?
おしっこ漬けの辞書なんて、どうすればいいのかわからないよ。
【さおり】「辞書、有ったみたいだね、……あんたの辞書だったでしょう?」
【主人公】「……っ!」
いじめっ子たちもぞろぞろと女子トイレにやってきた。
【主人公】「うん、……ボクの辞書だと思う」
【陽子】「へえ、便器に落ちちゃってるんだ、しかもおしっこがカケてあるの? ……やだ、何それ」」
【真美】「それでも見付かって良かったじゃない、……先生が来ちゃうからさっさと教室に戻ろう」
【主人公】「……うん」
【さおり】「待って、おしっこで濡れ辞書なんて教室に持ち込めないんじゃない?」
……そうかも。
辞書は、いまもまだレモン色の液体に浸かったままだ。
おしっこもたっぷりと吸い込んでいるし、このままでは使えそうにない。
【裕子】「そうだね、四人分のおしっこをカケてあるから、そのままは持ち込めないよね」
裕子が具体的な人数を出した。
【主人公】「……四人分のおしっこなの?」
【さおり】「へえ、四人分なんだ、……裕子はどうしてそんなこと知ってるの? もしかして見ただけでわかっちゃうとか?」
【陽子】「ふーん、おしっこを見ると人数がわかっちゃうんだ、裕子の意外な才能発見だね」
【真美】「あたし、裕子がそんなにおしっこに詳しいなんて知らなかったよ、……誰のおしっこかはわからないの?」
いじめっ子三人の視線が裕子に突き刺さる。
【裕子】「……ぅ、……あの、辞書を見た感じ四人ぐらいかなって、……あはははは、適当に言ったら当たっちゃっただけだよ」
しゃべるほど自分の墓穴を深くするタイプらしい。
四人で正解なら、目の前にいるいじめっ子たち四人のおしっこで間違い無さそうだ。
【主人公】「辞書は、ちゃんと洗ってから教室に行くよ、みんなは先に行ってて」
【陽子】「洗うなんて面倒なことしないで、あんたが舐めて綺麗にすればいいんじゃない、舐めるの得意でしょう?」
【主人公】「……ぇ」
【さおり】「あははは、それいい、……おしっこ辞書は、洗うの禁止ね」
【主人公】「洗うんじゃなくて、……舐めるの?」
【真美】「そうだよ、舐めるんだよ、あんただったら簡単でしょう? ナプキンだって舐めちゃったんだし」
【主人公】「でも、これは、おしっこだよ」
レモン色の液体は、まだ生暖かい感じし。
【陽子】「いいじゃない別に、ほら、早くし舐めないと裕子が、もっとおしっこをカケちゃうって言ってるよ」
【主人公】「もっとおしっこをカケるって、……えっ?」
まさか、この場で裕子がおしっこを追加するってこと?
【裕子】「えっ、あたしなの、あたしだけ辞書にまたおしっこをカケるの? ……しかもいま?」
無茶な命令をされた裕子は、いろいろ白状してる。
【陽子】「辞書におしっこをカケるなんて他に誰がするの? それとも裕子は、あたしにやれっていうの?」
陽子はニヤニヤしながら裕子に詰め寄る。
【真美】「裕子だったら出来るよ、……だっておしっこの人数とか当てちゃったんだし、そのぐらいは喜んでやってくれるよね?」
【裕子】「う、うん、……あたしがやるよ、……おしっこを追加でカケちゃえばいいんでしょう?」
裕子は、他の三人の顔を不安そうに見てから、スカートの裾から手を入れた。パンティーがチラっと見える。

140422.jpg


【裕子】「はぁ、はぁ、あぅ、……このままおしっこを出しちゃえばいいんだよね、……はぁ、はぁ、はぅ」
裕子はパンツを下ろすと反対向きで便器に腰を落とした。


普通に辞書が便器に捨てられてると完全にアウトないじめですが、かわいい女子が目の前でおしっこをしてくれるとなると……。

それでは、また!
posted by 透子 at 13:57| 女子のおしっこいじめ 原画

リアル工事中

お疲れ様です、おパンツです。本日は会社の事務所で工事が……。作業中の後ろに立たれると……困るというか。
こういう時に原画の差し替えというか、サイズの調整といいますか、画面にドーン!なので……。
羞恥プレーっす。

って、……御不浄くんは軽快にキーを叩いてる。

【お】「御不浄くんはテキストだから、後ろに人がいても恥ずかしく無いからいいっすね」
【御】「えーっ、なに、おパンツ氏は恥ずかしいの? あたしなんか、知らない人の前で朗読しちゃっても平気だよ、……『舌におしっこの味を感じる。でも一度、舌を付けてしまうとそんな嫌な感じゃない』とかね」
【お】「ちょ、……ヤメて、ヤメて下さい、工事の人、固まってるじゃないですか」
【御】「それでもって、『「あっははは、本当に舐めてる舐めてる、……ねえ、おしっこってどんな味がするの? ……もしかして美味しいのかな?』陽子が興味とバカにした笑みで問い掛ける……どう?」
【お】「やだ、この人」
posted by 透子 at 11:21| 女子のおしっこいじめ 雑記

2014年05月14日

「女子のおしっこいじめ」内容紹介(改訂版)

●舞台

140620_sam07.jpg

何処か懐かしい雰囲気のある学校。

140620bg1.jpg

例えば卒アルを見る様な。


●始まりの朝

140620bg3.jpg

【主人公】「おはよう! 昨日のテレビ見た? あっははは、あれ面白かったよね」
友達に朝の挨拶をしながら下駄箱から上履きを取り出す。
パタっ。
【主人公】「……っ?」
床に落とした上履きの音がいつもと違っている。
いや、実際に違っていたのは上履きの中身。
上履きに中身なんてあるはずないのに、……今朝は違っていた。
【主人公】「……えっ?」
友人たちが不思議そうにこちらを見ている。
【主人公】「あっ、……何でもないよ、先に行ってて」
上履きを胸元に抱えると靴を下駄箱に放り込んでダッシュした。

140620bg2.jpg

【主人公】「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、はぁ……」

人気のない階段の踊場で、抱えていた上履きを床に置く。
問題の中身は、薄汚れた上履きと違う輝くような白をしている。
これって……。
実際に目にするのは始めてだが、これって紛れも無く……。

使用済みナプキンだ。

そっと中身を摘んで上履きの外に引っ張り出す。
使用前のは保健体育で見たが、使用後を生で見るのはこれが始めて。
実際はこんな感じなんだ。
興味津々に覗き込む。
この柔らかな部分が女子のアソコに密着して……。
保健体育で見せられたスライドの内容を思い出す。
使用済みだと一目でわかる印を見詰める。
薔薇の花弁を連想した。
もっと汚いものなのかと思っていたが、全くそんな感じは無かった。
……他のは?
ナプキンは、上履きの左右両方に詰め込まれていた。
慎重に取り出して床に並べる。
右側に二つ。左側にも二つ。合計四つの使用済みナプキン。
どうして自分の上履きに詰め込んであるんだ?と首を傾げる。
いたずら?
自分の友達の顔を思い浮かべてもそんなことをする奴はいないはず。
しかも一人分じゃない。
目の前にあるナプキンは四つ。
ナプキンの種類も使用済みの色も微妙に違ってるから多分、別人。
男子にはわからない世界が、目の前に広がっていた。

朝の予鈴が鳴り響く。
……っ!

チャイムに驚いて現実に引き戻された。
……これ、どうしよう?
使用済みナプキンなんて、男子が持ってていいモノじゃない。
それは十分に理解していた。
これを誰かに見られたら間違いなく誤解されることも。

【主人公】「とにかく、こんなもの何処かに隠さないと」

それが最も現実的な解に思えた。

【さおり】「えっ? ……何を隠すって? ……何か隠しちゃうの?」

140620_sam06.jpg

突然の声に驚いて顔を上げるとクラスメートの女子たちがいた。


●こんなゲームです

『女子のおしっこいじめ〜女子便くんといわれたボクの6年間〜』は、クラスメートのいじめっ子女子四人にいじめられるゲームです。
ただし、いじめと言っても、陰湿だったり暴力を振るわれるわけでは、ありません。主人公に『女子便くん』とアダ名を付けて、性的にいじめちゃうのです。

140620_sam01.jpg

女子トイレで、おしっこを舐めさせられたり。

140620_sam02.jpg

女子トイレの便器にされたり。

140620_sam03.jpg

女子トイレじゃなくても、やっぱり女子トイレ扱いを受けたり。

140620_sam04.jpg

理由をこじつけておしっこをカケられたり。

140620_sam05.jpg

もちろん、おしっこだけじゃなくて使用済みナプキンも使います。それに唾液も忘れてはいけませんね。更にリコーダーやストローなど、いろいろな小道具も登場します。

忘れてならないのが、おチンチンの余ってる皮。いじめっ子たちに酷いことをされちゃいます。

●こんなイベントがあります

140514_01.jpg

紛失した主人公の辞書が何故か女子トイレで発見された。しかもおしっこまみれで。
いじめっ子たちは、おしっこを舐めないと辞書を返してくれない。
我慢しておしっこを舐めると、いじめっ子たちは、さらにおしっこを追加する。主人公は直におしっこを飲むはめに。
詳しくは→こちら 解説付きで紹介してます。

140514_02.jpg

給食当番の主人公はマスクを忘れて来てしまう。そこにいじめっ子のさおりが、「あたしがマスクを貸してあげるよ」と親切に申し出ててくれる。
「ありがとう」とお礼を言う主人公の前で、さおりは自分のパンティーを下げ、ベリベリっと何かを剥がし始めた。
詳しくは→こちら 解説付きで紹介しています。

140514_03.jpg

いじめっ子のさおりは、一輪車に乗ってパンティーに着いてしまったウンスジを主人公に舐めさせて綺麗にしようとする。
※このイベントがうんち系の上限です。ご参考までに。
詳しくは→こちら解説付きで紹介しています。


●キャラクターは

ch00.jpg
●主人公(アダ名:女子便くん)

何処にでもいるようなごく普通の男子。ラノベの主人公みたいに特別なチカラに目覚めたりもしません。
ある日、クラスのいじめっ子グループに目を付けられ、いじめのターゲットに! 『女子便くん』なんて酷いアダ名を付けられ、性的ないじめを受ける毎日を送っています。
でも、どんなに酷いことをされても女子に手を上げたりは絶対にしません。女子便くんは、紳士なのです。
それと皮を被ってます。


ch01.jpg
●さおり

クラスの中心で、いじめっ子たちの中心です。主人公のアダ名「女子便くん」の命名者。女子便くんを自分の所有物と認識しています。
自分たちが女子便くんをいじめるのは構わないが、グループ外の人間が手出しするのは絶対にゆるさない、ボス猫っぽい性格です。
女子便くんを好きなことは好きだけど、……完全にペット感覚です。


ch02.jpg
●真美

さおりといつも一緒にいるいじめっ子グループのNo.2的な存在。理不尽ないじめの口実を作る達人です。
面白ければ何でも良しの性格で。いじめのアイデアをいろいろ提供します。だから女子便くんにとって、いちばん厄介な相手かも。
女子便くんのことは、おもちゃとして大好きです。


ch03.jpg
●陽子

お調子者で、誰に対しても物おじしない女の子。女子便くんが恥ずかしがる姿が面白くてたまらない様子。
一見、策士タイプだが、実際には力技で女子便くんを罠に突き落とすタイプです。
女子便くんに対しては、クラスで飼ってるハムスターにちょっかいを出してる感覚で接しています。


ch04.jpg
●裕子

早生まれなので、背伸びしていじめっ子たちのグループに加わってます。いじめっ子グループの中で半分パシリ的ポジションで、調子に乗ってはお仕置きされてます。
主人公や他のクラスメートには強く出るが、他の三人には弱くて、実はいじめられっ子なんじゃないかと思わせます。
主人公の監視(主にチンチン)を自分の任務と考えてるようです。


●そして

『女子のおしっこいじめ〜女子便くんといわれたボクの6年間〜』に興味を持たれた方は、開発情報ダダ漏らし中の当ブログをご覧いただければ、より詳しく知っていただけると思います。


2014-06-26追記 内容の一部手直し。

内容紹介を書き改めます

お疲れ様です、おパンツです。「女子のおしっこいじめ」内容紹介を書き改めます。Take2です。

最初に書いた内容紹介は、アクセス数2〜3の頃にはしゃいで書いたものなので、いま見るとちょっと嫌な汗が……。
それを消しちゃって何食わぬ顔で書き直すという手もありましたが、怒られるぐらい開発のすべてをさらけ出している当ブログであります、そのまま残しておきます。

(*´Д`)ハァハァ、おパンツの恥ずかしい文章が読まれちゃう。……というわけじゃないですよ。

それと相変わらず、画像は、原画での紹介になります。

あっ、でも余計にわかりづらくなったなんてことは無いですよね?
posted by 透子 at 20:40| 女子のおしっこいじめ 雑記

そう言えばバスの中の

おはようございます。おパンツです。炎上しそうなことしか思い付かないのでさっさと本題に入ろうと思います。

今回は、以前に公開した遠足のバスの原画について。
導入部分の説明がざっくりしすぎているので改めてご紹介し直そうと思います。

140514.jpg


今日は、遠足だった。○○山に登山というかハイキング。登山口まではバスで移動だ。
問題は、その席。
ボクが補助席に座ってるのはいいとして、その両側をいじめっ子たちに占領されてしまっていた。
右を向いても左を向いてもいじめっ子だ。
これで何も無かったら奇跡かもしれない。
【さおり】「ねえ、女子便くん、あたしたちおしっこしたい」
【主人公】「……ぇ」
さおりがボクの耳を引っ張って囁いた。まだバスが走り出して10分も経ってない。予想よりも早い展開だ。
【真美】「女子便くん、……あたしも、……あっ、もう限界かも」
さおりの隣で真美も小さく手をあげてる。
【主人公】「えっ、えーと、……先生に頼んでバスを停めて貰えばいい?」
腰を浮かせたところをさおりに引っ張られて再び座らされた。
【さおり】「そんなのダメに決まってるじゃない、……恥ずかしいし、……それに、限界って言ったよね? ……もう間に合わない感じだよ」
それにしては、さおりも真美も切羽詰まった表情には見えない。意地悪な笑みを浮かべていた。
【主人公】「……だったら、どうすればいい?」
【真美】「女子便くん、ここにいいのがあるよ、……あたしたち、これにおしっこしちゃうね」
真美が取り出したのは座席の前ポケットに常備されていたゲロ袋だった。
【真美】「女子便くんは、おしっこが零れないようにこの袋を支えてくれる?」
【主人公】「支えるって、……本当にゲロ袋におしっこしちゃうの?」
【真美】「だって緊急事態だもん、仕方ないじゃない、……他になにかいい方法でもあるの?」
【主人公】「……そんなこといきなり言われても」
【さおり】「なになに女子便くんのくせに、あたしらのおしっこのお手伝いが嫌だって言うの?」
【主人公】「い、嫌なんて言って無いよ、……ちゃんと手伝うよ」
そう答えないと何をされるかわからない。
【真美】「だよね、……女子便くんは女子のおしっこ大好きだものね、喜んで手伝ってくれるよね?」
【主人公】「……ぅ」
【さおり】「喜んで手伝ってくれるんでしょ? それとも違っちゃうわけ?」
【主人公】「……違わないよ、……喜んで手伝うよ」
いじめっ子たちは、それ以外の返事を許さない。
【真美】「じゃあ、あたしのおしっこからお願いね、……女子便くんはあたしの前に来て」
【主人公】「……う、うん」

140416b.jpg


ゲロ袋を持っていじめっ子たち二人の前に潜り込み、真美の太ももの間に顔を出した。
真美は直ぐ目の前でブルマーごとパンティーを脱いでしまう。
予想よりもずっと近い位置に真美のアソコが来てる。
【主人公】「……これ近すぎだよ」

その後の展開は、以前にご紹介したとおりです。

それでは、また。
posted by 透子 at 10:07| 女子のおしっこいじめ 原画