151222d.jpg

title_kousiki.jpg
160315b2.jpg
160325_yuzuna.jpg


2014年04月22日

シナリオを担当に話を聞く

なまらお疲れ様です、おパンツです。
今回は、シナリオを担当している御不浄くんにお話を聞こうと思います。イラストはありませんが二人ともロクロを回してる感じです。

【御】 → 御不浄くん
【お】 → おパンツ

【お】「本日はお忙しいところありがとうございます」
【御】「……マジ忙しいです」
【お】「御不浄ってお便所のことですよね、何でそんな臭そうな名前を付けてるんですか?」
【御】「おしっこゲーと聞いて、これは何か名前を合わせないといけないかと思いまして、本当は便所にしたかったんですけど、先達がいらしたのでこれに落ち着きました」
【お】「すると今回専用の名前なんですか?」
【御】「……ええ、いろいろ差し障りがありましてぇ……」
【お】「大人の事情ってヤツですね、……他の仕事を伸ばして貰ってるのにおしっこゲーを喜んで書いてるなんて知られたらヤバいですものね」
【御】「ちょ! 何言ってるんですか! や、やだな、そんなわけ無いですよ! ……あ、あるわけないじゃないですか!」
【お】「さて、今回、おしっこといじめがテーマの企画と聞いてどう思いました?」
【御】「……正直、難しいと」
【お】「マニアックなものはニワカ禁止ですものね」
【御】「そう、そこなんです、好きな人の機微を正確に掴めないとただおしっこが出てるだけゲーになっちゃいますから」
【お】「では、何故これで行こうということになったんですか?」
【御】「それは、社長がホンモノだったからの一言に尽きます」
【お】「あっ、……ああ、確かに、企画会議とかそんな感じですね」
【御】「でしょう? だから、こいつはイケそうだということになったんです」
【お】「もうちょっと具体的にお願いします」
【御】「例えば、普通なら、最初に女子便くんがいじめっ子たちにマワされるイベントを作っちゃうじゃないですか?」
【お】「そうですね、派手にイキますね」
【御】「でも、今回はそれをやらない」
【お】「どうして?」
【御】「リアリティが無くなっちゃうからです、だいたい、マワされるのっていじめの範疇を逸脱しちゃうじゃないですか? それじゃダメなんです」
【お】「チンチンの皮のところも、こだわってましたね」
【御】「これだって、普通は剥いちゃいますよ。いじめっ子に剥かれちゃいます。でも今回の企画では、やらない」
【お】「その辺りの判断をホンモノの社長が監修してるんですね」
【御】「そういうことです、ホンモノですから」
【お】「ちなみに御不浄くん単体だと、どんな感じのゲームになってました?」
【御】「もっとショタっぽくなってたでしょうね、それで担任の女の先生にチンチンの皮を剥かれて汚れた亀頭をチュパチュパされちゃう、みたいな。……はぁ、はぁ、当然、女子便くんは、剥かれて痛がっちゃう場面も入れます。そして童貞を奪われる前にティルドでお尻の処女を奪われちゃうんです」
【お】「でも、それではダメなんですよね?」
【御】「普通過ぎるし、いじめじゃないからダメだって」
【お】「……普通かな?」
【御】「同級生だけで展開しないと世界観が中途半端になりますから、血の涙を流して今回は諦めました」
【お】「……そんなに入れたかったんだ」
【お】「では、他に聞くことも無いので、おしっこの思い出とかお願いします」
【御】「おしっこといえば、幼稚園の年長さんの時、お遊戯の最中に起こったお漏らしの光景ですね」
【お】「ああ、かわいい女の子がおしっこを漏らしちゃったんですね、……なるほど、そのときの光景がいまも忘れられないと」
【御】「いや、漏らしたのは自分です」
【お】「……」
【お】「今回は、シナリオ担当の御不浄くんにお話を伺いました、それではまた!」

おしっこのイベント

おはようございます。おパンツです。どっこいセックスとか書くとアダルトサイト認定されることもあるそうですね。
ここは健全なエロゲ公式ブログなのでそんなにアダルトじゃないです。でも、子供の来るところじゃないので、未成年の人は、とっととお帰り下さい。

「女子のおしっこいじめ」と言えばおしっこ。ということで、おしっこに関するイベントを幾つかピックアップしてみましょう。

EV02 国語の辞書
EV03 体操服
EV06 遠足(バス)
EV07 ハイキングコース
EV10 スープ

最初のイベント10個のうち、タイトルを見ただけで想像は付くかと思いますが、半数がおしっこ絡みのイベントとなってます。

※イベント全数はまだ未定で、他にもおしっこ絡みのイベントは多数用意されてます。

国語の辞書は最初の方でラフを公開しているアレです。
原画は↓な感じになっております。
140422.jpg

国語の辞書のイベントの後、主人公には「女子便くん」という酷いあだ名が付いてしまいます。
現実ですと「女子便くん」→「女子便」→「便所」とアダ名は短縮されたりしますが、このゲームに関しては、最後まで「女子便くん」のままで進行します。おしっことは関係なかったですね。

おしっこに関しては、特に禁止事項も無いので、飲まされたりカケられたり注入されたりします。
ただし女子便くんはニュートラルなので、喜んだりはしません。嫌がりつつも、変な味じゃなくて良かったと安堵するぐらいの反応になります。
一見すると薄い感じですが、主人公が飛ばし過ぎると場違いな合コンに連れて来られたみたいに、いたたまれない気持ちになっちゃいますからね。割りと重要なポイントだったりします。
そもそもいじめなので、喜ぶわけがありません。これまた重要なポイントですよね。